磁気システム療法化成功

働きながら大腿骨頭壊死症の磁気療法をすると決めた場合に大きな問題は、一日何回磁気療法が可能かということがあります。
休日以外は、せいぜい1回から2回の施術回数の場合が多いようです。
寝る前の1回か朝早く起きての磁気療法というパターンです。

「整体院 健康ライフやすらぎ」は、夜間寝ている間の時間を活用する磁気療法を開発しました。
もちろん、規制品に交流磁気を装着した布団がありますが価格は最低でも50万円は必要です。
「整体院 健康ライフやすらぎ」は、最新鋭の高能力磁気治療器を使ったシステムを21万円で販売いたします。

レンタルの場合は、大腿骨頭壊死症の改善指導のコンサルテーション込みで月額15000円です。

磁気システム療法の概略

30分磁気療法→60分停止→30分磁気療法→60分停止・・・・・・・

装置の特徴
① 国内最高の磁気能力110mT2台の治療器を使用。
② 装置を装着したままで就寝可能
③ 装置の作動音が低い
④ 装置の発生温度が低い。
⑤ 直接患部に治療器を接触させることができる。

⑤の直接患部に治療器を接触させることができることが、このシステム療法の最大の特徴です。
磁気は、磁気の発生源からの距離が離れるほど急速に能力が低下します。
光のように距離のマイナス2乗に比例するといわれていますので、1cm離れただけで装置の能力を生かすことができなくなります。

この問題点を解決したことが当院の磁気システム療法の最大の特徴です。

装置の設定と使用説明は近畿圏の場合は直接伺います。
それ以外の方は、画像やメールあるいは電話で指導いたします。

対象症例
大腿骨頭壊死症
脊椎分離症
脊椎圧迫骨折
副腎機能向上(免疫疾患の方に重要な機能です。)

お問い合わせ
☎ 072-831-2001
✉ kenkoulife@kmj.biglobe.ne.jp



写真は磁気システム療法の施術状況です。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック