大腿骨頭壊死症改善を証明します。

大腿骨頭壊死症は、難病でよほどの条件でないと自然治癒はないし、悪化すれば人工関節しかない!というのが現在のところ医療機関の常識になっています。
そのとおりの説明でしたら、大腿骨頭壊死症の壊死部は修復されないことになります。

昨年の2012年2月より本年の2013年10月まで45回の施術をした方のレントゲン画像を時系列でお見せいたします。

男性 年齢 55歳 右側大腿骨頭壊死症

2012年1月16日撮影 右股関節骨頭 施術開始前
画像


2013年10月3日撮影 右股関節骨頭 45回施術済
画像



いかがですか。施術開始前にあった大腿骨頭の壊死部骨折画像が大幅に縮小しています。
つまり骨芽細胞が活性化されて新生骨ができたのです。

大腿骨頭壊死症は改善する印象的な画像です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック