改善とはどのようなこと?

大腿骨頭壊死症は、良くならないから難病指定となり医療助成も受けられます。
当院は、難病指定されているような症状を改善する整体院と宣言しているわけですので、どのようなことを持って改善したというのかはっきりしておくことが求められています。

改善したという場合の症状
①5段階に分けた痛みレベルで最大5、最少1とした場合痛みレベル2以下となった場合。
②6段階に分けた歩行評価で最大歩行不能5、最少0とした場合歩行評価2以下となった場合。
③画像で、壊死骨の再生か軟骨再生が認められた場合。

①②③の3条件が揃って改善したといたします。

①と②は壊死骨の再生がなくても、あるいは軟骨の再生がなくても達成できることがありますが、③がなければ、一時的に痛みと歩行状態が改善しただけで、将来また痛みがぶり返す可能性が大きいと考えています。後戻りしない改善をするためには壊死骨の再生か軟骨再生は必要条件となります。

壊死骨再生についても完全に元に戻ることもあれば部分的に再生することもあるわけですが、再生は一時的な現象ではないので、長い年月再生が続く過程の中でどこをめどに改善というのか?という問題があります。

お問い合わせは☎072-831-2001へ
✉ kenkoulife@kmj.biglobe.ne.jp
http://www.ysragi.jp/

営業時間 8:00~20:00
定休日  毎月曜日


当院では、3か月以上の間隔がある画像で壊死骨の再生領域が拡大した場合を改善と言って
上の写真は2012年4月撮影 大腿骨遠位端骨頭壊死症 84歳
下の写真は2012年10月撮影の施術経過を示す写真
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック